芸能トレンド

三浦春馬の実の父親はだれ?笹本賢一さんは二人目の父親?

三浦春馬さんの実の父親が2021年1月下旬に亡くなっていたことが女性自身の取材で明らかになりました。

実は、三浦春馬にはお父さんが二人おり、今回話題になっているのは1人目の父親です。

お父さんが二人いる理由や、どのように三浦さんが育ってきたのかをまとめていきます。

三浦春馬の実の父親はだれ?

実は、三浦春馬さんのお母さんは二回結婚し、二回離婚されています。
そのため、お父さんが二人存在するのです。

実の父親は、茨城県でスナックを経営していました。
春馬さんはお父さんっ子で、いつも「パパ、パパ〜!」と甘えていました。

三浦さんが歌がうまいのも、実の父親の影響のようです。

親戚の女性の証言では、以下のように言われています。

ある日、春馬ちゃんがギターを弾いている姿をテレビで見て、父親そっくりで泣けてしょうがなかった

ただ、小学1年の時に離婚。
お母さんは、春馬さんと二人で実の父親を残して家を出て行きました。

父親として名前が上がっている、「笹本さん」は再婚した二人目の父親です。

なぜ離婚したのか?

離婚の原因は、正確には明らかになっていませんが、お金関係ではないかと思われます。

当時暮らしていた賃貸が、二人が出て行ってから支払いが滞り、実の父親も夜逃げのように暮らしていた住宅から出て行ったようです。
ただ、この離婚は春馬さんの人格を変えてしまうほど大きな出来事になりました。
そして、約20年間交流が途絶えます。

一人目の父親と一緒にいた頃の親戚は、

やんちゃで明るく甘えん坊な性格だった

と春馬さんを語り、

再婚してからの親戚は、

繊細で寡黙な性格

と話しています。

二人が再開したきっかけは?

二人が再開したきっかけは、2017年にお父さんの余命宣告でした。
「あと一年しか生きられない」
その言葉を聞いた父親は、母親に「春馬に会いたい」と報告。

そこから交流が再開しました。

お父さんの病気が回復してからは、一緒にお酒を飲んだり、舞台を観に行ったりと連絡をとりあうようになったようです。

お父さんも、それが嬉しくて自慢の息子だと周囲に話していたようでした。

今きっと、また天国で二人が再開して、一緒にお酒を飲んで語っていることを願うばかりです。