news

早稲田大学の火災の原因は?無人研究室で火災!現場の写真や動画は?

3月29日の午前9時半ごろに早稲田大学理工学部で火事がありました。

現場の状況をまとめていきます。

火災の場所はどこ?

早稲田大学の西早稲田キャンパス65号館で黒煙がでる火事がありました。

火災の出火原因は?なぜ火災が起こったのか?

出火元となったのは研究室だったようですが、出火当時は無人で施錠されていたとのことでした。
ただ、理工学部キャンパスで普段は実験をする部屋のようなので、実験用具や化学材料から何らかの形で火災に繋がってしまったと思われます。

ただ、人がいなくても火事に繋がってしまうのはとても怖いので、原因の究明はして欲しいですね。こちらもわかり次第更新します。

火災の被害者はいるのか?

春休みだったため部屋には人がおらず、けが人もいないとのことです。

ただ、5平方メートルほどが燃え、消防車も24台出動し約3時間の消化活動があったようです。

大学という人が多い場所でも、被害者がいなかったことは不幸中の幸いですね。

火災現場状況は?写真や動画は?

早稲田大学生が以下のように話しています。

排気口から煙がもくもく上がっている感じで一時期は結構中庭に広がっている感じでした

大きな火が上がってというよりは、黒煙がじわじわ広がる火事だったようです。