news

台湾での脱線特急事故の場所や被害者は?日本人はいる?写真は動画は?

台湾で4月2日午前9時半ごろ、台湾鉄道の特急「太魯閣(タロコ)号」が脱線し、100人越えの死傷者が出ています。

詳しい事故状況について以下にてまとめていきます。

台湾脱線事故の場所はどこ?

台湾特急脱線事故の場所は、台湾東部にある花蓮県でした。
台北郊外・新北市の樹林駅から東部・台東県の台東駅に向かって南下していた最中でした。

台湾脱線事故の被害状況は?日本人はいるの?

一部の列車は大破し、現状の被害状況は以下です。

<被害状況>
死亡:48人
重軽傷:100人

多くの人が重軽傷で病院に運ばれています。
乗客に日本人はいないとのことでした。
ただ、8車両のうち6車両がトンネルの中で今現時点でも列車内には多くの乗客が取り残されているようで、救出作業は続いています。

2日は台湾では4連休の初日だったため、帰省客や観光客で車内は満席で、約350人が当日は列車に乗っていました。

台湾脱線事故が起こった原因は?

工事用車両が斜面を滑り落ちて線路に入り、走ってきた特急列車と衝突したため起こったようです。
台湾政府は、徹底した原因追求を行うことを指示しています。

台湾脱線事故の写真や動画は?

事故現場は、車体の損傷が激しく救出が難航しているようです。
地元紙では、「鉄道事故としては約半世紀ぶりの大惨事」と報じています。