news

鈴木健吾選手の父親の名前や顔写真は?父も元陸上選手だった?

鈴木健吾選手が、第76回びわ湖毎日マラソンにおいて、2時間4分56秒の日本新記録で優勝した。

実は、鈴木健吾選手の父親も全国高校駅伝にも出場経験がある陸上選手だった。

鈴木健吾選手の父親のプロフィール

鈴木健吾選手の父親の名前は?

鈴木和幸さん

鈴木健吾選手の父親の高校は?

父親は愛媛県立宇和島南高等学校出身で、全国高校駅伝にも出場経験があり、3区で区間19位の実績がある。

鈴木健吾選手の父親の顔写真は?

優勝で会見はしていたのだが、ネット上に画像が上がっていなかったのでまた画像が分かり次第更新していきます。。

鈴木健吾選手がマラソンを始めたきっかけは父親だった?

鈴木健吾選手は、実は最初からマラソンを始めていたわけではなかった。
最初は、「ソフトボール」をやっていたようだ。

小学6年生になってソフトボールチームを引退したタイミングで、三浦ランニングクラブに入団した。
これは、父親が勧めたことがきっかけとなった。
また、父親とランニングクラブの土居代表が知り合いだったという縁もあったようだ。

このきっかけから、中学でも陸上部に所属することを決めた。

鈴木健吾選手の父親はコーチもしていた?

中学になって本格的に陸上に取り組むようになった鈴木健吾選手に、父がコーチのように指導していたようだ。

鈴木健吾選手は以下のように振り返っている。

中学の時は『しっかりストレッチしろよ』『筋トレしろよ』などと言われました。バイクでついてきて一緒に走ったりもしたこともあります

父親とも二人三脚で頑張っていた結果が、最高の形で出てよかったですね!!