news

品川駅での飛び降り人身事故が発生!現場の状況や原因は?

品川駅付近で14時10分ごろに人身事故が発生し、運転を見合わせている。
現在、横須賀線では東京〜横浜間で運転を見合わせ、東海道線では全線運転を見合わせており、運転再開見込みは16時20分となっている。

休日に主要路線が2時間も運休になるのはどういう状況だったのか?
現場の状況や原因をまとめていく。

品川駅人身事故が起きた場所はどこ?原因は?

事故が起こった現場は、品川駅付近の「八ツ山橋」
今回の事故の原因は、この橋から人が飛び降り自殺したため救護活動に時間がかかっていたようだ。

この橋は48メートルの高さがあり、ここから飛び降りようと思ったということは、自殺を強く決心していないとできない行為である。

山手線人身事故発生の経緯は?

駅では、実はアナウンスが何度か変わっていた。

<アナウンスの内容>
14:10 品川駅で何かが発生
14:23 安全確認中
14:35 線路内に人立ち入りのため停止中
14:58 人身事故と判明!全線停止、警察出動
15:01 運転再開が16時と発表
16:00 救助活動が難航しており、16時20分目処に変更

駅員としても、最初は人立ち入りと思って安全確認をしていたが、人身事故で急遽救助活動になり、混乱していた様子がわかる。

山手線人身事故の現場の様子は?

現場では警察が出動し、救護活動が行われていた。
JRの主要線路が壊滅したため多くの人が足止めを食い、京急線などで振替輸送が行われていた。

場所が橋の下だったこともあり、救護活動が大変だったとみられている。
亡くなってしまった方にご冥福を祈る。