news

世田谷区の風俗スカウト会社社長はだれ?1億5000万円売上!

警視庁は5日、世田谷区のスカウト会社社長ら8人を逮捕した。

去年8月〜11月に、新宿歌舞伎町で19〜22歳の女子大生ら6人に「稼げる仕事がある」と声をかけ、風俗を紹介した疑い。

なんとこの会社、2013年以降約3,000人の女性に声をかけ、1億5,000万円を売上ていたようだ。

世田谷区のスカウト会社の社名と社長の名前は?

世田谷区のスカウト会社は、「AVANTI」と判明。

社長は、石沢大容疑者(36)だ。
調べに対し、会社社長ら5人は容疑を認め,3人は否定している。

また、一人は警察からの取り調べで、以下のように発言している。

コロナで借金している女の子を助けたかった

今回のスカウトに対して善意だと主張した。

世間の声は?

世間の声としては、今回風俗店への斡旋の中で無理やり勧誘して連れ込んだという事実があるわけはではなく、むしろ声をかけられた女の子も進んで風俗店で働いているので、未成年でなければスカウト自体は問題ないのでは?という声もあった。

特に、現在コロナで飲食店の閉店が相次ぎ、食べられなくなっている人も多く、自殺者がコロナでの死亡者よりも圧倒的に増えていることも問題になっている。

風俗にいく女の子がいなくなるように、経済対策を行わないとこの問題は解決しない!
スカウト会社だけ摘発されて、風俗店はなぜ摘発されないの?風俗の一部を取り締まっても見せしめにしか思えない

と、意外にもスカウト会社よりも、政府や警察への不満の声も多かった。

風俗店で働く女の子が減ることは望みたいが、その前に
「コロナで借金している」という危機的状況があるという部分に問題の根幹があると感じた人が多かった。
これ以上辛い思いをする女性を減らすためにも、一刻も早く経済対策を国として掲げてもらいたい。