news

西武池袋線池袋駅人身事故の原因や被害者は?現場状況(写真や動画)は?

4月5日に西武池袋線で人身事故が発生しました。

事故の現場についてまとめていきます。

西武池袋線人身事故が起きた場所はどこ?

事故が起きた場所は、西武鉄道の池袋駅と椎名駅の間のでした。
発生した時間は、午前7時51分ごろで、
上下線で運転を見合わせ9時ごろに再開したようです。

人身事故が起こった場所は、豊島区目白5丁目の西武池袋線「椎名町駅」手前の踏切のようです。

 

西武池袋線人身事故事故の原因は?被害者は?

人身事故の被害者は、70代くらいの高齢男性が電車にひかれて死亡したようです。

当時男性は、落ちた空き缶を拾っており、
押していた台車の車輪が線路の溝に引っかかり動けなくなってしまったことが原因のようです。

空き缶を運んでいたということで、男性はホームレスだったとも見られています。
ただ、自殺をしたという訳ではなく、動けなくなって電車にはねられてしまったことが原因とは悲しいですね。。。

事故の現場は?

電車が止まったことにより、大幅な遅延が発生していたようです。
また、乗客が閉じ込められ、朝のラッシュ時間に遅刻してしまった方も多く出てしまったようです。