news

佐久間剛さんが殺害された理由は?実は元暴力団組員だった?

2月22日の夜に、福島県須賀川市で男性が血を流して死亡しているのが見つかった。
死因は、拳銃のようなもので打たれていたようだ。

犯人は逃走中で、現在も拳銃を保持していると見られ、警察も周辺住民に注意を呼びかけている。

なぜ今回の事件が起きてしまったのかを佐久間さんの過去から紐解いてまとめていく。

佐久間剛さんはだれ?職業は?

名前:佐久間剛
年齢:37歳
職業:中古車販売店の経営者
住所:福島県鏡石町旭町
家族:結婚しており妻がいる

▼自宅付近

佐久間剛さんが打たれた犯行現場はどこ?

犯行現場は、JR東北線須賀川駅から西に約800メートルの住宅街
勤めていたお店のガレージで犯行が行われたようだ。
閑静な住宅街のようで、殺害時に複数の住民が発砲音を聞いたと話していた。

佐久間剛さんが殺害された理由は?暴力団が関係?

実は今回の事件、「暴力団関係のいざこざ」が原因なのではないかと言われている。

佐久間剛さんは、実は元暴力団員だった!
約8年前の2013年頃に、福岡市の自宅で拳銃を所持し、覚せい剤を使用した疑いで逮捕されている。
佐久間剛さんは以前関東地方の暴力団に所属しており、その時に拳銃を入手したと見られていた。

福島市の自宅に拳銃を隠し持っていたなどとして、福島署は15日までに、銃刀法違反と覚せい剤取締法違反の疑いで同市の元暴力団組員の無職佐久間剛容疑者(29)を逮捕した。

逮捕容疑は、8月28日ごろ、当時住んでいた栃木県真岡市で覚せい剤を使用した。9月4日には福島市の自宅で回転弾倉式拳銃1丁を所持した疑い。

同署によると、拳銃は外国製で実弾はなかった。家宅捜索で発見したという。佐久間容疑者は以前、関東地方の暴力団に所属しており、同署は暴力団に入っていた当時、拳銃を入手した可能性があるとみて調べている。同署が押収した拳銃は今年に入り2丁目。

福島地検は15日までに、銃刀法違反と覚せい剤取締法違反の罪で佐久間容疑者を起訴した。

暴力団ニュース

また、佐久間さんの自宅の福島県鏡石町は、暴力団関係の人が多いと言われている場所だ。
拳銃が出てくるという点を考慮しても、今回の犯行は一般人を狙った無差別殺人ではなく、暴力団関係のいざこざに巻き込まれた形ではないかと見られている。