news

翁長春吉さん殺害の殺害現場はどこ?逃走ルートは?

4月3日(土)午前1時ごろに沖縄県宮古島にある民家で、翁長春吉さん(61)が胸と脇腹を刃物で刺される事件が発生しました。
翁長春吉さんは、午前2時3分に死亡が確認されました。
翁長さんのうめき声を聞き、2階から降りてきた家族に、長男(39)が出ていくのが目撃されました。
長男は現在行方がわからなくなっているようです。

翁長春吉さん殺害の殺害現場はどこ?

殺害現場は、沖縄県宮古島市の平良下里の民家です。

道は開けており、住宅が密集している場所ではない閑静な場所のようです。
通常は観光地として栄えている宮古島ですが、現在コロナもあり観光客というよりは居住者が多い状況だったので、長男が島内に逃げていたとしても見つかるのは時間の問題かと思われます。

翁長春吉さんを殺害した長男の逃走ルートは?

宮古島は電車が全くありません。
バスはありますが本数が少なく普段からバスを使うことはほとんどないようです。

信号も島には2つしかないとのことで、基本は車移動が一般的のようです。
ただ、長男が逃走してなかなか見つかっていないことを考慮すると、長男は乗り物は使わず徒歩で逃げていると思われます。

暮らしていた場所から、とても近い場所に「宮古空港」があります。

宮古島は都会と違って顔見知りも多く、住民との繋がりが強いこと、
さらに居住人数も少ないことを考えると宮古島にいる場合はすぐに見つかってしまう可能性が高いです。

長男は39歳という年齢でもあるので、飛行機を使って逃走している可能性が高いのではないかと思われます。

ただ、父親を殺害してしまったという罪悪感から精神状態は崩壊寸前になっている可能性もあります。
なぜ今回の自体になってしまったのかはまだ謎ですが、長男が自殺を考えないか心配ではあります。

早く長男が見つかって欲しいですね。。。