news

岡山県の大学でコロナクラスターが発生したのはどこ?原因はカラオケ?

岡山県では、3月30日25人が感染し、岡山市内の大学で新たなクラスターが発生したことを公表しました。

計11人が感染しているようです。
気になるコロナクラスターが発生した岡山市内の大学について調べてみました。

岡山市内でコロナクラスターが発生した大学はどこ?

まず、岡山市内の大学は、短大も含めると15あるようです。

この中で、ありえそうな大学をピックアップしていきます。

岡山大学

在籍数13,000人以上を誇り、岡山市内では一番大きな大学です。
他大学が2,000〜3,000人が多かったので圧倒的な違いです。

そして、大学のサイトによると、すでに19人がコロナ感染していることも発表されていました。ただ、このサイトの公表が1月末で止まっているのです。
▼コロナ感染情報(岡山大学)
https://www.okayama-u.ac.jp/tp/profile/covid_infection.html

もちろん発生していない可能性もありますが、12月・1月と複数名公表している中で、2月からいきなり0という事は考えにくく、受験を考慮して不安がないように公表を控えている可能性はあるのではないかと思われます。

また、別県ですが広島でも大学のクラスターがあった際には、大きな大学である「広島大学」でクラスターが起こっていることが明らかになりました。

大きい大学ほど感染リスクは高まるので、可能性は高いのではと思っています。

ただ、明らかな情報ではないので、またわかり次第更新していきます。

岡山市内の大学でコロナクラスターが起こった原因は?

29日に感染が発表された20代の男性らとカラオケに行った知人などを検査したところ、コロナ感染が発覚したとの事でした。
そして、その全員が同じサークルだったため、サークル内でのクラスターと発表されました。

改めて、カラオケなどに行く際は気をつけて行動しましょう!