news

二宮清隆社長の顔写真や学歴は?東北新社を接待問題の責任をとって辞任!

東北新社の二宮清隆社長が、接待問題を受けて責任をとって辞任することを発表した。
今回の問題、菅義偉首相の長男である菅正剛さんが総務省幹部を接待したことを受けて、総務省幹部11人が国家公務員倫理規程に違反したとして懲戒などの処分を受けている。

菅正剛さんも、現在メディア事業部の統括本部長を勤めていたが解任されて人事部付になるようだ。
そして、子会社の「囲碁将棋チャンネル」の取締役も辞任する。

気になる二宮社長についてまとめていく。

二宮清隆社長の顔写真は?

顔写真はこちらで、現在61歳!
この写真は、社長就任時に掲載されていたもので、社長は2019年6月に就任が発表されているので、少なくとも50歳代の時のもののようだ。


日本経済新聞記事より

二宮清隆社長の学歴は?

学歴は調べたが発表されていなかった。
ただ、新卒で博報堂に入れるということを考慮すると、かなり優秀な学歴であることは間違いなさそうだ。早稲田や慶応、もしくは国立大学の可能性が高いと思われる。

二宮清隆社長の東北新社社長までの経緯は?

二宮清隆社長は、新卒で博報堂に入社し、エンタメやコンテンツ(映像)関係での役職についているということを考慮すると、元々メディア関係に強かった人物のようだ。
そして、東北新社に入社したのは2000年の5月だったので、20年以上同じ東方新社で勤め、早々に役職についているので会社の中でも信頼される人物だったことがわかる。

1959年 誕生
1983年 4月 株式会社博報堂入社
2000年 5月 東北新社入社
株式会社オムニバス・ジャパン 出向
オムニバス・ジャパン 取締役就任
2000年 8月 東北新社取締役就任
2001年 6月 東北新社映像事業本部 副本部長
2001年11月 東北新社常務取締役就任
2001年12月 東北新社映像事業計画室担当
2002年 6月 東北新社配給事業部担当 兼 外画制作事業部担当
2003年 6月 東北新社取締役 兼 執行役員上席常務就任
2003年 7月 東北新社衛星事業本部長
2004年 4月 東北新社コンテンツ制作事業部担当 映像本部長 兼 エンタテインメント事業部長 兼 事業統括室長
2004年 6月 東北新社取締役 兼 上席常務執行役員就任
2006年 6月 東北新社常務取締役就任
2006年 7月 東北新社映像本部長 兼 コンテンツ制作事業部長
2007年 2月 外画制作事業部担当 兼 事業戦略部担当
2007年10月 株式会社ゴー・シネマ 代表取締役副社長就任
2009年 4月 東北新社プロモーション事業統括
2009年 6月 東北新社専務取締役就任
2010年 6月 株式会社オムニバス・ジャパン 代表取締役会長就任
2010年 6月 東北新社代表取締役副社長就任
2010年 7月 東北新社放送事業統括補佐〔全般〕 兼 コンテンツ制作事業部担当 兼 版権営業部担当
2011年10月 東北新社コンテンツプロダクション本部担当
2019年6月27日 東北新社社長就任
2019年 株式会社ソーダコミュニケーション代表取締役就任