news

ネスレ日本での死亡事故の原因は?慰謝料はいくら?機械に挟まれ男性が死亡

ネスレ日本で痛ましい事故が起きてしまった。
2月21日午前7時15分ごろ、ネスレ日本島田工場で「男性が倒れていて意識がない」と119番通報があった。
その後病院に搬送されたが、死亡が確認された。

ネスレ日本での死亡事故の原因は?なぜ?

事故の原因は、コーヒーを作る機械に挟まれたからとみられており、詳しい状況を調べている。

午前7時に倒れていることが発見されたという状況から、男性は夜勤での仕事をしており、その最中に挟まれる事故が起こってしまったようだ。
夜勤という勤務形態のため、注意力の低下と、機械の安全性が低かったことが今回の事故に繋がってしまったのかもしれない。

▼工場勤務写真

ネスレ工場職選考コースより

ネスレ日本のコーヒーを作る工程とは?どこが危険?

ネスレのHPによると、コーヒーの製造工程は以下のように説明がある。

<コーヒー製造工程>

  1. 生豆選別
  2. ブレンド
  3. 焙煎
  4. 粉砕・抽出
  5. ろ過
  6. 濃縮
  7. 乾燥
  8. 充填・包装
  9. 検査
  10. 出荷

ネスレページより

どこの工程で事故が起きたのかは定かではないが、危険で挟まれる可能性がある工程として、焙煎か、粉砕・抽出作業ではないかとみられている。

いずれにしても、再発防止の徹底が求められる。

ネスレ日本の慰謝料はいくら?

通常労災事故により被害者が死亡した場合、過去の裁判判例等から以下の金額を請求できる可能性が高いとみられる。

一家の支柱 2,800万円
母親、配偶者 2,500万円
その他 2,000万円~2,500万円

今回死亡した男性は58歳のため、年齢的には一家の大黒柱だった可能性が高い。
そのため、2,800円ほどの慰謝料となるのではないか。

ただ、まだ58歳という年齢で今後も働きながら家族を支えることができた年齢。そして、定年を迎えたら家族と第2の人生として老後を楽しむのも目前だった年齢だ。
一生懸命働いていた職場での事故。
家族の悲しみを考えると、それでも安いとすら感じてしまう。