news

中沢弘行綾瀬副市長の死因は?家族や子供はいた?緊急搬送で他界

綾瀬市の副市長を勤めていた、中沢弘行さんが緊急搬送で他界した。
中沢副市長は22日朝に「体調不良で休む」という連絡を入れたが、そのまま後に緊急搬送され亡くなったという。

中沢副市長は、市財政課長、企画部長などを経て、2011年7月から副市長を務めていた。

中沢副市長の顔写真は?

中沢弘行副市長が、2019年に清瀬市50周年を迎えて出演したラジオでの写真が残されていた。令和3年には新市庁舎も完成する予定で、今後さらに綾瀬市が盛り上がりを見せるというタイミング前だった。

FMしがしくるめでの一枚
一番左が中沢弘行副市長
笑顔が素敵で、優しそうな雰囲気の方である。

FMひがしくるめブログより

中沢副市長の死因は?

急逝の理由は明らかにはなっていないが、直前まで働かれており、
心身ともに仕事のストレスもあったことを考慮すると、
生活習慣病はあったのではないかと思われる。

60歳以上の年齢で生活習慣病があると、突然死のリスクは高まってくる。

その大きな原因として、急逝心筋梗塞も考えられる。
また、それに加えて仕事もリモートではなかったようなので、コロナ感染の可能性もある。

コロナ情勢もあり、復旧に向けて市政が忙しかったのは間違いない。
最後まで綾瀬市に尽くしてくれた副市長には感謝しかない。

中沢副市長の家族は?子供はいた?

詳細な情報は見つからなかった。

ただ、定年の年齢を超えても地域のために働いていたことを考慮すると、結婚しており奥さんや子供のために働いていたと考えられる。
そして、67歳まで働くことができていたのも、奥さんの支えがあったからということも大きな理由になっていたそうだ。

まだ67歳で、これから第二の老後人生も待っていたはずなので無念だ。。。
ご冥福をお祈りします。