news

長浜市の元大学生の大学はどこ?実名は?4人の女子高生に性的暴行

長浜市の元大学生(当時19歳)が、4人の女子高生に対して性的暴行をして逮捕された事件の判決が25日に大津地裁であった。

2019年9月〜1年間に、15〜16歳の少女に「自転車が壊れているから見て欲しい」と声をかけて人気のない場所に連れ込み、性的暴行に及んだようだ。

また、世間から大きな批判の対象となっている理由として、判決の際に少年が、

二十歳になったら辞めようと思っていた

と話した点である。

少年法への是非も問われ、大きな話題をよんでいる。

気になる、その少年について調べてみた。

長浜市の元大学生はどこの大学?

正確な大学名は記載されていなかったが、長浜市には大学が2つしかないようだ。

・滋賀文教短期大学
→こども学科や国文学科など、女性がメインの学校のようだ。
https://www.s-bunkyo.ac.jp/

・滋賀バイオ大学
→情報系の大学で、AI・データサイエンス時代に対応する学部を有している。
https://www.nagahama-i-bio.ac.jp/introduction/concept2019/

上記を比較すると、長浜の大学であれば「滋賀バイオ大学」の学生である可能性が高い。

もちろん県外の可能性もあるが、自転車が壊れているから見て欲しいという言い訳を言い、終わったあとにすぐに逃げられるようにしてバレないようにしていたことを想定すると、長浜から大きく離れていない場所の大学ではないかと想定できる。

長浜市の大学生の実名は?

木下健太郎(20)と言う名前の噂が広まっていた。

ただ、根拠を調べてみると特になかったので、デマの可能性も高い。

実際に色々と調べてみたが、本名にたどり着くことはできなかった。

世間の声は?

今回少年法の観点から実名報道もされていないようだが、少年が行った行為で4人の若い少女が深い傷を負ってしまったと思うと許せない行為だ。

世間の声としても、

19歳はすでに大人で自己判断できているのだから甘いすぎる!しっかり責任をとって報道すべきだ!少年法が甘すぎる!
判決も懲役5年6ヶ月と短く、少年がまた同じ過ちを繰り返してしまうのではないか

と心配の声が上がっている。

日本では性犯罪の被害者側がなかなか声に出せずに露出しない犯罪も多くあると言われているため、性犯罪への改めて意識改革と、自己判断に値する少年法への考えはここから議論の余地が大いにあるだろう。