news

京都産業大学のコロナクラスター発生!学部やサークルは?感染した場所は?

京都産業大学で、サークルでのコロナクラスターが発生したことが発表されました。

詳細についてまとめていきます。

京都産業大学コロナクラスターが起こった場所は?いつ?

今回のコロナクラスターは、京都産業大学の学外で起こったようです。

3月20日の卒業式後に、京都市内のゲストハウスを貸切り、20日の夜から参加者の一部は翌朝まで宿泊して盛り上がっていたということです。

3月26日に参加者で卒業生の1人がコロナに感染していることが発覚。
その後検査をしたところ、参加した20人中13人が感染していることが分かりました。

大学側では、懇親会や飲み会の自粛を通達していたとのことで、卒業式で盛り上がってハメを外してしまったようですね。。。

京都産業大学コロナクラスターが起こった参加者の学部やサークルは?

今回は、同じサークルの卒業生を中心とした仲間が集まって飲み会を開いたようです。

京都産業大学は多種多様な学部を設置しています。
メインの学部としては、経済・経営学部になるようです。

・経済学部
・経営学部
・法学部
・現代社会学部
・国際関係学部
・外国語学部
・文化学部
・理学部
・情報理工学部
・生命科学部

今回感染した方の学部やサークルがどこかは判明しませんでした。

ただ、感染した人はほとんどが卒業生のようなので、現学生への感染は最小限になりそうです。

学生にとって大きな節目となる時期で騒ぎたい気持ちも分かりますが、
コロナ感染拡大が収まらない今はできる限り自粛の徹底をした方が良さそうですね。