news

青森県社会福祉法人コロナクラスターの施設名や住所は?75人が感染!

青森県の社会福祉法人で、コロナクラスターが発生していることが明らかにになりました。
利用者と職員含めて75人が感染していたようです。

施設詳細や住所や原因についてまとめていきます。

青森社会福祉法人コロナクラスターの施設名は?住所は?

クラスターが起きた施設は以下2箇所でした。

  • 生活介護事業所「ねぶた」
  • 共同生活援助事業所「はやぶさ」

感染の内訳としては、職員が14人、利用者61人となりました。

生活介護事業所「ねぶた」

住所:青森県青森市石江字高間68-1
新青森駅から徒歩5分の場所に位置している施設です。

事業内容:
ねぶたでは障がいを持っている18歳以上の方を対象に日中活動を提供しております。
利用者が楽しく生活出来るよう一人一人の特徴に合わせた支援を行っていきます。例えば、散歩、マッチング、アイロンビーズ、空き缶潰し、手芸などを行っております。その他、入浴は毎日入ることができます。食事は温冷配膳車にて適温で提供しております。
ねぶたHPより

共同生活支援事業所「はやぶさ」

住所:青森県青森市石江一丁目21番地5

事業内容:
利用者が地域において共同して自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、利用者の身体及び精神の状況並びにその置かれている環境に応じて共同生活住居において、入浴、排泄又は食事の介護、相談その他の日常生活上の援助を適切かつ効果的に行います。
はやぶさHPより

青森社会福祉法人コロナクラスターの理由は?

多くの利用者が共同して生活している場所であるということと、障害を持っている方のため密着してのコミュニケーションが多かった点が理由として予測されています。

施設は人が多い利便性の高い場所にあったので、地域住民の方々は改めて予防を徹底してください!