エンタメ

「竜とそばかすの姫」の竜の正体は誰かを考察!実は前作と深い関わりが!?

細田守監督最新作「竜とそばかすの姫」が2021年7月に公開されることが発表されました。

今回発表された特報の映像では、竜と言われるキャラクターに主人公ベルが「あなたは誰?」と問いかけているところ、
そして50億人から探し出せ!という鮮明なメッセージが物語を動かしていくのがわかります。

竜がだれなのか?
これが物語の重要なキーポイントになりそうです。

気になる竜の存在について、考察していきます。

「竜とそばかすの姫」のストーリーは?

ストーリーは、高知の田舎に住んでいる「すず」が、
仮想世界<U>でもう1人の自分になるというものから始まります。

高知の自然豊かな村に住む17歳の女子高生・すずは
幼い頃に母を事故で亡くし、父と二人暮らし。

母と一緒に歌うことが何よりも大好きだったすずは
その死をきっかけに歌うことができなくなっていた。

いつの間にか父との関係にも溝が生まれ
現実の世界に心を閉ざすようになっていく。

曲を作ることだけが生きる糧となっていたある日
偶然にも、全世界で50億人以上が集う超巨大インターネット空間の仮想世界<U>に
「ベル」というキャラクターで参加することになる。

もうひとりの自分。
もうひとつの現実。
もう、世界はひとりひとつじゃない。

<U>では自然と歌うことができたすず(ベル)は
自ら作った歌を披露し続けていく内に
あっという間に世界中の人気者になっていく。

そんな驚きも束の間
突如轟音とともにベルの前に現れたのは
竜の姿をした謎の存在だった―。

「竜とそばかすの姫」公式サイトより

「竜とそばかすの姫」の竜の正体は誰?

ベルを必死に守ってくれている「竜」の存在。
彼は一体だれなのか?なぜ必死に守ってくれるのか?

竜の正体で濃厚なのは「お父さん」説です。

すずは、幼い頃に母親を事故で亡くして父親と2人暮らしをしています。
母親の死をきっかけに心を閉ざしているすずは、父親とも溝があるようです。

でも心ではお父さんは「また歌って元気なすずが見たい」と強く願っているはずです。

家族であれば、すずが仮想世界で活躍していることに気づいていてもおかしくないですよね。そっと見守っていたお父さんだからこそ、娘がピンチの時には全てを捨てて助けに行き、正体はバレないようにしていたというのは説明がつきそうです。

「竜とそばかすの姫」は、前作「オオカミこどもの雨と雪」と深い関わりがある?

竜について、細田守監督が意味深な発言をしています。

レポーター

「おおかみこどもの雨と雪」にビジュアルが似ているかなと

細田守監督

するどいこと言いますね!ダメですよ!一応サスペンス映画なんですから。

この発言から、「オオカミこどもの雨と雪」の狼男と深い関わるがある可能性が出てきました。

ここからは推測ですが、

もしかするとすずのお父さんは、「オオカミこどもの雨と雪」で登場した「雨」なのではないかとも推測できます。
雨は半分狼なので、都会に住むことはできません。
山が近いところでの生活を好むはずです。

そうなると、高知の田舎に暮らしているということも説明がつきます。

雨は現在結婚し、雨の子供として生まれたのが「すず」

ずっと狼であることを、自分の子供のすずにも隠していたが、お父さんになった雨はずっとすずのことを想って夜な夜な守っていた・・・

そんなストーリーだったら、なんだかとても素敵ですね!!!

一体竜の正体は誰なのか・・・!2021年夏が楽しみですね!